アコムの審査に落ちない為に必要な事

アコムの審査に必ず落ちる?3つの嘘について

アコムでは嘘を付くと審査に落ちる?

アコムの審査では嘘を付くと審査に落ちてしまいます。

 

特にその中でも多くの人が審査に落ちてしまう嘘について紹介します。

 

この嘘だけは絶対に付いちゃダメ!

 

1.勤務先の嘘
2.年収の嘘
3.借入金額の嘘

 

>>まずは3秒診断で今すぐチェック!

 

 

実はこれら3つの嘘のうち、どれか一つでも嘘だとバレてしまうと、アコムの審査にはまず通らなくなってしまいます。と言うのも、アコムでは今紹介した3つの項目が嘘か本当かを確認作業をしてから審査を進めているからなんです。

 

つまり、仮にあなたが嘘を付いたとしても、アコムでは全てお見通しと言うことです。

 

審査に通る為に一番確実な方法は、すぐにバレる嘘はつかずに、すべて正直に申告をしてしまう事です。実はこれだけを守っていれば、意外とあっさりアコムの審査には通ってしまうので、ぜひ実践して下さい。

 

 

>>まずは3秒診断で今すぐチェック!<<

↑詳細は今すぐクリック!

アコムの審査で勤務先の嘘はなぜバレる?

アコムの審査では、勤務先に関しての嘘を付くと、ほぼ100%の確率で嘘だと見抜かれてしまいます。これは審査の時に在籍確認と言って、あなたが実際にその勤務先で働いているのかを直接電話を掛けて確認を取っているからです。

 

また、電話での在籍確認が無かったとしても、提出書類に社会保険証をの提示を求められる事があり、この社会保険証を確認する事によって実際にあなたが働いているかを確認していると言われます。

 

これらの事からも、仮にあなたが無職だったとして、勤務先を偽っていたのだとしたら、それが原因で審査に落とされている事も考えられます。

年収の嘘はアコムの審査ではすぐにばれます!

アコムの場合、年収の嘘もすぐにばれてしまいます。例えば、仮に50万円以上の金額をキャッシングしようとする場合、基本的に給与明細などの提出を求められてしまいます。

 

この時に、あなたが申告していた年収と、実際の給与明細との金額の差が、明らかに大きすぎる場合、年収に偽りがあると判断され、審査落ちの理由として扱われてしまう事になります。

 

その為、年収も正直に申告する事がアコムの審査に通過する為に必要な事だと言えます。

 

但し、限度額が50万円以下の場合、収入証明書の提出が不要で審査に通る事が出来るので、審査に自信がないと言う場合は、限度額を20万円程度の低めに設定して審査を申込んでみる事をおすすめします。

借入金額で嘘を付くのはアコムの審査では絶対にやってはいけない!

アコムの審査で絶対にやってはいけないのが「借入金額で嘘を付く事」です。

 

実はこの借入金額で嘘を付くと、すぐにバレてしまうだけでなく、すぐに審査落ちになってしまうからなんです。

 

と言うのも、アコムではあなたが審査を申込んだのと同時に、信用情報機関と言う所にに問い合わせを行い、過去のあなたの借金履歴や審査を申込んだ履歴を調べているからなんです。

 

つまり、もし仮にあなたが他社から50万円の借り入れがあるのに、借金はゼロ円ですと申告をすると、ほぼ間違いなく審査に落とされてしまうと言う事です。

アコムの審査に落ちない為に一番確実な方法とは?

アコムの審査で落ちない為にする、最も確実な方法は「正直に申告をする」ことしかありません。

 

アコムはすぐに調べて嘘か本当かを確かめてくるので、例えどんな細かい嘘だとしても、絶対に正直に申告するのが一番賢い選択だと言えます。

 

逆に言えば、「バカ正直」過ぎる位の方が、アコムの審査では誠実にあなたを評価してくれるので、ぜひ何でも正直に申告する様にしましょう。

アコムの審査に落ちない為に必要なもう一つの「ヒミツ」

最後に、あなたがアコムの審査により確実に通過する為に必要な「ヒミツ」を紹介します。

 

それは「限度額を低く設定して申し込む」と言う事です。

 

実はアコムに限らず、全てのカードローン審査では、初回の審査は厳しくあなたを見定めてきます。そのため、あまりにも高すぎる限度額で審査を申込んでしまうと「返済計画を立てられない奴だ」と判断されてしまい、審査落ちの原因に繋がってしまいます。

 

逆に言えば、限度額を低く設定してアコムの審査を申込めば、「自分の収入バランスを見て、返済計画を立てられる人だ」と思って貰いやすく、審査に通過する可能性もアップすると言うわけです。

 

今から審査を申込む時に、今紹介した「低い限度額で審査を申込む」ことをぜひ実践して下さい。きっとアコムならあなたの心強い味方になってくれますよ!

 

 

>>アコムの詳細はこちらをクリック!<<

↑詳細は今すぐクリック!

更新履歴